本や雑誌

凍りついた香り

凍りついた香り

小川洋子の本にはいつも、かけちがった主人公が導かれるように赴く秘密の場所と、そこを守っている寡黙な管理者が出て来るんだけど、わたしにはいわゆる「二人の間に言葉は不要だった(恋愛に限らず)」みたいな感覚が根本的に分からないので、そんな感じの描写が出てくるだけで若干不安になる!人が二人以上いて、沈黙が気まずさ以外のことを意味している場合を想像できない。自分の他の人が寝てるか死んでるかならともかく…だって今は言葉がなくてもいいイキフンだってわたしが思っても、相対して茶を飲んでいる相手もそう思っているなんてわたしは確信することができません!どうなんですか世間の人は?こんなことを書くとわたしが会話において気遣いができる人間だって言いたいみたいで恐縮です。実際は真逆です。小川洋子嫌いみたいに書いてしまいましたが、心理描写に不安を覚えるだけで文体はすごく好み。標本室にも孔雀が何羽も飼われている洞窟にも憬れます。

生活

大吉率が比較的シビアだと言われる浅草寺のおみくじは、まずお金を入れてから銀色の六角形の筒を振り、中にたくさん入っている細い割り箸状の棒を出します。棒の先に番号が書いてあるので、その番号をたくさんある小引き出しの番号と照らし合わせ、引き出しから紙のおみくじを出して一喜一憂するという仕組みです。
ある日、銀色の筒をはしゃぎながらずいぶん高い位置で振っている若者を見かけました。危ないなあと思いながら傍観していると、突然出てきた棒がかれの広い額をプスッと直撃。大事には至らなかったものの、「頭が悪いと吉凶以前のレベルで無駄に苦労をする」ということをおぼろげながら学習しました。他人が買った線香の煙をむせ返るほど頭に浴びながら言っている時点で、まったく説得力はないのですが。

生活

今をときめく繊細な乙女ブロガー、メレ山メレ子です。どの辺が繊細かを具体的に説明すると、加藤鷹さんを見るだけでお腹がいたくなる。もう加藤鷹という字を見るだけでちょっとしくしくしてくる。いわんや筆記においてをや、今加藤鷹って書いただけでフル・オブ・イマジネーション、どんどんお腹がいたくなって…キリがないのでこの辺にしておきます。
毎年この時期になると小学校の担任だった餡堂先生のことを思い出します。餡堂先生は前髪のあたりにバブルの残り香のかおるファニーフェイスで、濃い化粧と派手な服装は田舎の小学校ですこし異質な雰囲気を放っていました。ふくよか目の彼女は怒るとマジで迫力充分だったので敬遠する子も多かったのですが、わたしは餡堂先生の、プールの授業でビビッドな色彩のビキニに身をつつみ「先生ビキニや〜!」と騒がれると「カッコいいやろ!もっと凄いのも持っちょんけどなあ、教育委員会に怒られてしまうけん着られんわ!」と言い放つところとか、「あんたらがいい子にせんけん増えるんや〜」と責任転嫁しながら昼休みに生徒に白髪を抜かせたり、ママさんバレーでがんばりすぎてアキレス腱断裂したり、子供相手にマジになって「先生にもこの冬スキー旅行に行こうって誘ってくる男おるんでー」と主張する辺りなど、子供心にウソがない感じがしてけっこう好きでした。少なくとも餡堂先生が入院してる隙に、授業で「弟が畑で花嫁行列を見て、嫁き遅れた姉を気遣う」という内容の詩をことさらに扱いながら皮肉を滲ませたりする、生気に欠けた理科の女教師(既婚)よりはたいがい好きだった。
そういう餡堂先生はバレンタインが近づくと、「先生はなあ、本命の男にはゴディバあげるんで!」「せんせー、ゴディバってなに〜」「アンタらは知らんやろー。高級なチョコのお店よ。一粒数百円とかするんでー」「ええー!たけー!」「スゲー!!」と子供たちと頭の悪すぎる会話を繰り広げていました。その後「せんせー、ゴディバあげたん?」と質問したところ、「ゴディバあげた本命より300円のチョコもらった環田先生のほうが喜んじょったわ…」と肩を落としていたのが印象的で、家に帰ってかりんとうを食べながら母にそれを報告したところ「餡堂先生にゴディバもらったら本気が重てえやろうなあ…」と苦笑していました。今ではメレ子も本気の重さがわかる大人になりましたよ、餡堂先生!
わたしが中学校に上がってからほどなくして、餡堂先生は結婚し、最後に街で出会ったときには赤ちゃんを抱いてました。赤ちゃんがわたしの人さし指を歯のない口でガブガブ噛んでいた力強さをおぼえています。旦那さんがゴディバの彼かどうかはわかりません。

生活

ヨロコビーム!(●´∀`)ノ+゚*。゚喜+゚。*゚+
このような顔文字を先日学習しました。しましたのですが使いどころがありません。たぶん喜ばしいことがあまりない生活だからではないでしょうか。
そこで考えたのが
ホコロビーム!(●´∀`)ノ+゚*。゚綻+゚。*゚+
これです。用例としては、仲がほころんでほしいカップルに呪詛として用いる。たとえば「俺、彼女に『なんでそんなに女の子の気持ちがわからないの!?山田詠美を読んで女の子の気持ちを学習してほしい!』って言われちゃってさあ。今いろいろ読んでみてるんだよねー。うん、だいぶ女の子の気持ちわかるようになってきたヨ」と言われたときなどに「そうかあ、良かったね。ホコロビーム!(●´∀`)ノ+゚*。゚綻+゚。*゚+」と使う。もし「何その顔文字(爆)」とか言われても、「いやー、あんまりいいエピソードだから思わず顔がほころんじゃった、って意味だヨ!」と返せば「そうか!エヘヘ」「そうだよ!アハハ」と和やかになること請け合いです。

未分類

まず絡まない方向での対処について考える。じっとしていればそのうちマイミクを切ってもらえるかもしれない。簡易かつ穏便。これで済めばいいが、名うてのミクドル(ミクシーアイドルの略称)は営業メールをかけてくることもある。「最近&a美紅姫&aにコメントくれないよね。。。(〃_ _)σ‖イジイジ」腹に据えかねたらアクセス禁止する。本部に通報する。マイミクを切る。ミクシィそのものを退会する。引っ越して名前も変えて、「北斗星」で北へ。いろいろあって数年後、山で手びねりの器を作ったりフィンランドでおにぎりの食堂が軌道に乗ったらSTAGE CLEAR!! ワー
次に絡む方向で考えてみる。定期的に「美紅ちゃん今日も可愛いね〜」などのコメントを投下。最終的に全裸での絡み合いを志向するのも、ポジティブ。&a美紅姫&aのマイミクシィ153人の中でそこまでのぼりつめるのもかなり難しいが、やり甲斐はあるかもしれない。血の滲むような努力の果てにサシオフに漕ぎつけてみたら実はやんごとない方であったという可能性すらあるこの時代(姫名乗りは伊達じゃなかった!)。巡り巡って数十年後、皇位継承者になれたらYOU WIN!! ワー 一般参賀で微笑む彼女の胸元に、ヤモリのタトゥーが鎮座ましましている。彼女の呼吸に合わせてヤモリも吸盤のついた手を民衆に降りつづける。

外出,生活

高校時代の友達が泊まりにきました。いとこの結婚式でいただいたというチョコケーキを二人で食べ、彼女のデジカメに入ったタイの風景やいとこの花嫁姿を見せてもらったり、高校時代の写真を見て大いに盛り上がりました(「なんでこんなに普通に写ってる写真がないんだろう…」と嘆いていた)。夜中にうーんうーんとうなされていたので、「なんかベタなうなされ方してたよ」と言うと「タイの学校で忘れ物をとりに戻ったら、先生の数学の補習をされて…」写真を見せたことでよくない記憶の蓋も開いたらしい。
どこか行きたいとこある?と訊くと「都庁にのぼりたい」というので、まずは新大久保をうろつくプランを提案。美味しいキヌチゲを食べてから、韓流ショップを冷やかしたりして。昔はあやしい街、危ない街というイメージもあったらしい新大久保ですが、いまや異国情緒あふれるおいしい街ですね。
中国や韓国の食料品を売っているお店で友達がパウチされた大根の漬物を買ったんですが、「三袋で百円って書いてたんですけど…(一袋でいい)」と言ったところ「一袋は二十円です」って返された!意味がわからない。

写真,外出,建築

「イエカキ 理想の住まい」オリジナルクオカードが欲しい!わたしの理想の住まいは朝倉彫塑館ですよ!!
谷中の朝倉彫塑館は、彫塑家の朝倉文夫の旧宅兼アトリエを美術館にしています。
http://www.taitocity.net/taito/asakura/
朝倉彫塑館
屋根の上から谷根千を見下ろす塑像。
朝倉彫塑館 朝倉彫塑館 朝倉彫塑館
屋上
朝倉彫塑館 朝倉彫塑館
屋上からのぞむ朝倉邸。反対側はアトリエと教場。何度も増改築を繰り返したという建物にぐるっと囲まれた中庭には水が満ちている!
朝倉彫塑館 朝倉彫塑館 朝倉彫塑館
湧き水のある中庭を室内からのぞむ。ここ、写真は屋上と庭しか撮ったらイカンのですってー。三脚と混雑時のみ禁止したらいいじゃないって思うけどね…。家自体もすごく魅力的な作りだし、塑像の数々ももちろん素晴らしいです。「墓守」が資料集からは想像できないデカさで圧倒される。朝倉文夫が一時は十数匹も飼っていて、さまざまな姿を写し取った猫の像ばかりを集めた「猫の間」は窓からひろく光を採っていておすすめ。
朝倉彫塑館 朝倉彫塑館
ディテールへの果てしないこだわりが凄い。「寝室改造したーい!壁材はこんな感じにしようかな」「今度は蘭の温室を作るのー!」「庭は自己反省の場にするんだゼ!この五つの巨石には仁義礼智信をあらわしているゼ!四季折々の白い花が咲くようにしたけど完璧すぎちゃツマラナイから赤い百日紅も植えるゼ!」まさにセンスと財力と持ち合わせた男のおもちゃ箱や〜!書斎が欲しい全国のお父さんを歯噛みして泣かせる仕様になっています。
朝倉彫塑館

本や雑誌

もやしもん」を読んでいると菌が可愛くて困ります。「かもすぞ」「ころすぞ」「ここにおれたちのコロニーを作ろう」と言いながらモゾモゾ飛び回る菌たち。菌をペットにしたくなってきたのだけど、漫画の主人公と違って肉眼で認めることもできないし、パンにカビを集めて「メレコ」って書かせることもできない…。

もやしもん(4) (イブニングKC (171))

もやしもん(4) (イブニングKC (171))

どうせなら粘菌の方がいいかもしれません。粘菌なら目に見えるし、なんと知能があるらしい。箱に入れてメレ子と粘菌のどちらが早く迷路を解けるか競争したいです。日に日に迷路は複雑になっていき、粘菌もだんだんもっと難易度の高いものをおねだりするようになったりして。霧吹きで水を噴いてやるとよろこぶ粘菌。クマグス(粘菌の名前)とマインスイーパやチェスにいそしむ日々。クマグスの知能がメレ子のそれを凌駕するのにさほど時間はかからなかった。やがてふたりはクマグスがネットの株取引で得た収入で暮らすようになる。来月には貯めたお金で、クマグスがあこがれてやまない屋久島に行く予定だ。そういう平和な日常にシイタケ栽培セットが介入してきたりして、全12回で「人と粘菌の間に友情は成立するのか」とか「もう粘菌なんて信じられない!」とかいろいろある感じ。

映画やDVD

やっと借りることができました。

千年女優 [DVD]

千年女優 [DVD]

ストーリーはあってないようなものなんだけど、表現技法がすばらしい。主人公である往年の大女優が取材にこたえて自分の人生を振り返ります。インタビューを受ける「現在」と、女優の実人生である「過去」、そして彼女があまた演じてきた映画の中の「仮想現実」という三つの次元が画面の中で目まぐるしく入り交じる様が、期待通りの視覚的快感を与えてくれました。たとえば回想の中で女優が初恋の人を探してひた走る時、いつの間にかそれが彼女が演じた映画の中で捕虜になった夫を救うために馬を駆る姫君になって、窮地に陥った彼女を忠臣として助太刀するのが彼女の大ファンであるインタビュアーだったりするわけ、でそれをカメラマンが撮影しながら「話脱線しすぎととちゃいますのん…」とツッコミ入れたりするような感じ。アニメーションの楽しさを最大限に引き出そうとしているという印象です。