本や雑誌,着物

七緒も浴衣特集は三回目になりますね。これずいぶん前から本屋で見かけてはいたんですけど、何で今頃買ってるのかというと「男のゆかた」特集が気に食わなかった。なんで男の浴衣っていうとこんなにチョイ悪志向なんでしょうね!!龍、ドクロ、豹柄…それでキム兄がクロコ柄の浴衣でパナマ帽にごついリングしてウォレットチェーンのぞかせてボーンですよ。あーやだやだ。
最近の浴衣雑誌って女ものはかなりデコラティブですが、七緒は価格帯が抑え目なわりにかわいすぎず貧相にもならず涼しげで、毎回メレ子を物欲のどん底へ叩き込んでくれるクオリティなのに…それだけ男ものの選択肢が狭いということなんでしょうけども。でも他の着る人はだいたいモデル、ライター、イラストレーターとかなのに、男だとキム兄でジャラジャラな着こなしってのは個人的に違和感があるセレクトです。好みの問題ですけどネー。
[rakuten:book:12054078:detail]
この表紙の浴衣かわいいなあ。このまえ祇園祭の混雑に巻き込まれたときに道行く人の浴衣をいろいろウォッチしましたけど、こういうのをシンプルに着るのが一番目立てそうでした。こうしてセットで見るといいとか悪いとか簡単に言えるんですが、夏物は本当に選ぶのが難しい。買ってから「違ったかも…」と思うことが多すぎます!涼しげというのがすごい関門です。
プレタは基本的に自分には大きいので、いつかは仕立ててみたいですね。
ころもや
人形町のお店。ここで反物から選んで仕立ててもらうと二万くらいからです。去年友人が波間に小さなペンギンが乱れ飛んでいる柄の浴衣を作っていましたが、すごくかわいかったのでトウシューズに画鋲を入れてやろうかと思いました。これとかこれとか好きです。
まあもう浴衣二枚持ってるから今年はビタ一文出せないし、今日はアリの結婚式らしくて網戸にしてたら羽アリがいっぱい家に入ってきてそれどころじゃないんですけどね。アリンコも結婚飛行ということでWOW WOW言いたいかもしれませんが、こちらにも生活があるので殺る気十分です。なんかコンビニの壁とかすごいことになってたし、すさんだ暮らしがメレ子に美しいものを求めさせるのかなあとか思います。

本や雑誌,着物

収納の話はともかく、晴れの場に着て行くなんて技術的にも物理的にも無理なので、今回あまり読むところがありませんでした。雑誌が想定している読者の成長についていけません。

七緒―着物からはじまる暮らし (Vol.9) (プレジデントムック)

七緒―着物からはじまる暮らし (Vol.9) (プレジデントムック)

京都に引っ越したんですが、着物を着るのが逆におそれおおい気がしてオイソレとは…と思ってしまいます。変な格好してたら怒られそう!
むかし浅草で浴衣で集まったとき、浅草駅で左前に着ていることに気づいた瞬間に、30代くらいの女性二人が駆け寄ってきてトイレで着付けなおしてくださって非常に助かったことがあります。でも、わたしが着付け中に洗面台に置いておいたきっぷを女性のかたっぽが間違えて持ってっちゃって、もうあの日はすごいカオスでした。そのあと仲見世でまた会ったときにすごく謝られてしまって…。生きててごめんなさいと思いました。

生活,着物

先日美容院に行きました。別に髪の毛をどういじくったかとかそういう話ではなく、美容院に行くとふだん読まない雑誌を読むことができるのでたいへんありがたい。できれば美容師の人は気を使って話しかけたりせずに雑誌を心おきなく読ませてくれるといい。それでカットとカラーの間にMOREとかoggiとかGLITTERとか(雑誌は美容師さんが勝手に見繕ってくれるのだが忙しいためかかなり適当なチョイスになりがち)を読んだ。
そう言えばInRedという雑誌を読んだのですが、藤代メイサのコマザワンヌの何とかっていう小説はとても面白い。わたしが読んだのは最新刊ではないと思いますが連載が二回目で、一回目もそう言えばこの美容院で読んだんでした。西船橋とかどっかからわざわざ駒沢のセレブ公園に犬の散歩にやって来た主人公は、オシャレ犬をダシにしてコマザワンヌの仲間入りを大真面目に企んでいた。そして首尾よくコマザワンヌの兄妹とお知り合いに。この兄ったらセレブな上にミバもよくてヨダレが出ちゃうわ…絶対にモノにしなくちゃ!そして彼の家に転がり込んでコマザワンヌになるの、と心に誓う主人公。(西船橋から来たとは言えないので)適当に話をあわせていたところ、「アラそれは同じアパルトマンね」というわけでその日のうちに兄妹の家にご招待を受ける。さらに妹が消えた隙に、高ぶった主人公はなんと兄を押し倒してしまうのだった…。ちょ、お兄さんのってスゴイ!こんなの見たこともない!ウフンアハン、といった感じで、すべてが理解できない世界というか、この女の戦略はことごとく外しきっている気がするのだがどうでしょうか。こんなゲスい女を林真理子すら描いたことがあっただろうか。どうなってしまうのか…。
こんなことを書きたかったわけじゃない。どの雑誌も年末年始の号だからか着物の特集があって、保存についていくつか知らないことがあったのでメモしておこうと思ったんです。

  • いちょうの黄色い落ち葉を洗って四五日干し、ガーゼとかにくるんで入れておくと強力な防虫剤になるらしい
  • 桐ダンスなんてなくてプラスチックケースに入れている人(わたし)は下にすのこを入れておくといい
  • 着たあとは一日出しておくのは面倒なのでハンガーにかけドライヤーをあてる
  • 畳紙はシミの原因にもなるので、虫干しをちゃんとできない人は布にくるむとよい

でも、コマザワンヌ小説の前には正直どうだっていいですよね。

写真,外出,建築,着物

先日小金井の江戸東京たてもの園に行ってきました。ここは歴史的文化的に価値のある建物を移築・保存している施設です。昔の町並みが再現されていて楽しすぎる場所なので、東京近郊にお住まいの方におすすめします。

RIMG0042
花屋さんや銭湯、化粧品店、醤油店などが並ぶ町並み。

RIMG0032
文房具屋の店先。商店街区域はほとんど店先までしか立ち入れないのが不満といえば不満。

江戸東京たてもの園20061223 041
広大な敷地の中に、商店街ゾーン以外にも豪農の家や雑木林、砲台や市電の車両、著名人の家(旧財閥の三井家とか)などが点在しています。一番好きなのは建築家の前川國男邸。こんな開放的な家に住みたい。
RIMG0076

露店や蔵を改造したうどん屋さん、そしてなんと高橋是清邸の一階が茶房になっていて、ここでごはんや甘味をいただくことができます。かのダルマ宰相も、まさか自分ちが喫茶店になるとは思わなかったでしょうね。

「注文は電話でするのね。もしもーし」
「はいこちら是清ですー」
「是清か!」
「是清です。ご注文お決まりになられましたか?」
「うーんと、着物できちゃったからうどんとかカレーはまずいなあ…あんみつって気分でもないし。あ、『梅としらすのピラフ』ってのがある!断然これだね。これください」
「あーごめんなさい、梅としらすのピラフは品切れなんですよう。おにぎりとかで我慢してもらえます?」
「品切れとな!」
メレ子は日本刀をつかんで二階へと駆け上がった。
(中略)
のちの二・二六事件である。

本や雑誌,着物

すっかり忘れていましたが、七緒の新刊を購入。特集はコーディネート術とウールの着物など。
七緒にもよく載っているスタイリストユニットfussaの着こなしが理想です。かわいらしいしあまりカブいてないのが好み。しかしいざ着ようとすると膨大な時間がかかり毎回発狂寸前になるので、着こなしどころかいっこうに身近にならない!キイイィ!
名古屋帯だとまた発狂するから、半巾帯で年末年始に出かける機会を作りたい。しかし既に発狂しているという可能性も捨てがたい。
趣味がいっぱいある乙女のブログっぽくしたいので、次回から着物カテゴリでは買ったものをのせたり、趣味として楽しむ上で邪魔な人種を口をきわめて罵ったりしたいです。あれー。