写真,外出,建築

「イエカキ 理想の住まい」オリジナルクオカードが欲しい!わたしの理想の住まいは朝倉彫塑館ですよ!!
谷中の朝倉彫塑館は、彫塑家の朝倉文夫の旧宅兼アトリエを美術館にしています。
http://www.taitocity.net/taito/asakura/
朝倉彫塑館
屋根の上から谷根千を見下ろす塑像。
朝倉彫塑館 朝倉彫塑館 朝倉彫塑館
屋上
朝倉彫塑館 朝倉彫塑館
屋上からのぞむ朝倉邸。反対側はアトリエと教場。何度も増改築を繰り返したという建物にぐるっと囲まれた中庭には水が満ちている!
朝倉彫塑館 朝倉彫塑館 朝倉彫塑館
湧き水のある中庭を室内からのぞむ。ここ、写真は屋上と庭しか撮ったらイカンのですってー。三脚と混雑時のみ禁止したらいいじゃないって思うけどね…。家自体もすごく魅力的な作りだし、塑像の数々ももちろん素晴らしいです。「墓守」が資料集からは想像できないデカさで圧倒される。朝倉文夫が一時は十数匹も飼っていて、さまざまな姿を写し取った猫の像ばかりを集めた「猫の間」は窓からひろく光を採っていておすすめ。
朝倉彫塑館 朝倉彫塑館
ディテールへの果てしないこだわりが凄い。「寝室改造したーい!壁材はこんな感じにしようかな」「今度は蘭の温室を作るのー!」「庭は自己反省の場にするんだゼ!この五つの巨石には仁義礼智信をあらわしているゼ!四季折々の白い花が咲くようにしたけど完璧すぎちゃツマラナイから赤い百日紅も植えるゼ!」まさにセンスと財力と持ち合わせた男のおもちゃ箱や〜!書斎が欲しい全国のお父さんを歯噛みして泣かせる仕様になっています。
朝倉彫塑館

写真,外出,建築,着物

先日小金井の江戸東京たてもの園に行ってきました。ここは歴史的文化的に価値のある建物を移築・保存している施設です。昔の町並みが再現されていて楽しすぎる場所なので、東京近郊にお住まいの方におすすめします。

RIMG0042
花屋さんや銭湯、化粧品店、醤油店などが並ぶ町並み。

RIMG0032
文房具屋の店先。商店街区域はほとんど店先までしか立ち入れないのが不満といえば不満。

江戸東京たてもの園20061223 041
広大な敷地の中に、商店街ゾーン以外にも豪農の家や雑木林、砲台や市電の車両、著名人の家(旧財閥の三井家とか)などが点在しています。一番好きなのは建築家の前川國男邸。こんな開放的な家に住みたい。
RIMG0076

露店や蔵を改造したうどん屋さん、そしてなんと高橋是清邸の一階が茶房になっていて、ここでごはんや甘味をいただくことができます。かのダルマ宰相も、まさか自分ちが喫茶店になるとは思わなかったでしょうね。

「注文は電話でするのね。もしもーし」
「はいこちら是清ですー」
「是清か!」
「是清です。ご注文お決まりになられましたか?」
「うーんと、着物できちゃったからうどんとかカレーはまずいなあ…あんみつって気分でもないし。あ、『梅としらすのピラフ』ってのがある!断然これだね。これください」
「あーごめんなさい、梅としらすのピラフは品切れなんですよう。おにぎりとかで我慢してもらえます?」
「品切れとな!」
メレ子は日本刀をつかんで二階へと駆け上がった。
(中略)
のちの二・二六事件である。

写真,物欲

FUJIFILM NATURA BLACK F1.9 35mmコンパクトカメラ ブラック

FUJIFILM NATURA BLACK F1.9 35mmコンパクトカメラ ブラック

この二つのカメラのどちらか欲しい。ノンフラッシュで暗い所でも自然な写真が撮れるフィルムカメラ。水族館や木洩れ日、クリスマスも近付きお父さんが三十年ローンのマイホームに一日かけて飾り付けたイルミネーションが前の白菜畑を妖しく照らす様などを撮るのに適していると思われる。あれって電気代とかすごそうですよね、人事だけど…。
今はオリンパスのμ-miniを使っています。しずく型の可愛い形で持ち歩きやすいし、赤っぽい色味が×-GUNに気に入っている!が。ものすごく手ぶれしやすいのと広角が狭いのが最近フマン、というか、写真を撮ってても「これナチュラだったらどんな風になるのかしら…」と、まるで温厚だが刺戟のない夫に抱かれながらクリーニング屋の若い兄ちゃんのことを思う団地妻のようになってしまい、彼の現代的でほっそりとした指がどうわたしを翻弄するのか、あの若い鹿のような体が快楽にしなるところなどを想像すると、もはやとうの昔に喜びも絶えて苦痛でしかなかったはずの夫との夜の営みでもなんだか気分を出してしまい、夫もそんな妻の姿に欲望を新たにしつつ疑惑が黒雲のように心を覆うのを感じるのだった。機能的にはやっぱりクラシカのほうが(唐突に我に帰る)。

写真,動物

これからはステキなものをジャンルを問わず紹介していこうと思います。好きなもののひとつは昆虫です。

日本最大の蝶オオゴマダラのサナギ@多摩動物公園

PA210155
クリックでflickrに飛びます。
金色でかすかに透けていて、この世のものとは思えないくらい奇麗!!
サナギはわりと人好きのする感じですよね(ここで脱落する子は無視します。虫だけに)。幼虫はキライな人にはたまらない感じだと思うのですが、虫に対する心無い偏見を覆すようなベストショットを撮ってしまったので公開しますね。
PA210154
幼虫「なんか最近、ちょっと変な感じ…食欲もないし、わけもなく口から糸をはいてみたり…スッゴク羽ばたきたい(羽化)っていいうのかしら、変わらなきゃって思うんだよね!!先週くらいからとっても大人びてキレイになった(サナギ)ゴマ美先輩を見習って、ワタシもホントの私デビューします!」
という趣ですよね。ですよ?すごく…人として、見習いたいです。横の先輩に触発されてる感がイイ。
当ブログはグロいとかそういう凡庸な感想を禁止しています。美しいものが分からない子には用はありません!それ以前に、この弱小ブログにどんだけの人が用があるのかって感じですが…。

写真

f:id:mereco:20061020032201j:image
LOMOのfisheyeで撮った写真をはじめて現像。どう写るか分からないあたりがなかなか楽しいです。
f:id:mereco:20061020032430j:image